読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルマネーの王国

すでにあたりまえに利用している電子マネーと胡散臭いとおもわれがちな仮想通貨(=暗号通貨)について、入手方法から、利用方法までわかりやすく紹介するブログです。

法定通貨

 

f:id:a142899:20170326012706p:plain

いわずもしれた、神田明神を縄張りとした岡っ引「銭形平次」はあんなに銭をなげてて大丈夫だろうか?
 
寛永通宝を投げつけ、悪者を懲らしめる日本の代表的時代劇です。
 
そんな平次が、投げつける寛永通宝って、いまでいう硬貨になるんですが、どれくらいの価値があったのでしょうか。
 
ちょっと面白そうなので調べてみました。
 
まずは平次の時代背景です。
 
作品の舞台が江戸時代のいつ頃かははっきりしない。原作の最初の頃は寛永期(1624年 - 1645年、江戸初期)を舞台にしていたが、第30話から文化文政期(1804年 - 1830年、江戸後期)に移っている。 
で、次に寛永通宝についてですが、江戸時代の代表的銭貨。1636年(寛永13)以後幕末まで、幕府の許可を得て江戸橋場ほか全国各所に設けられた銭座 (ぜにざ)、あるいは金座・銀座の下で、鋳造された銅・鉄・真鍮銭で、一文銭と四文銭があった。
 
鋳造期間が長く、鋳造所が各地に置かれたため種類は数百種に及んでいる。中世以来江戸初期までは、永楽銭をはじめとする中国渡来の銭貨と新鋳銭が大量に通用していたが、質の高下により銭価の高低があったため、撰銭が行われていた。しかし、寛永通宝が鋳造され、永楽銭に対する比価4分の1の京銭 と同様に金1両につき銭4貫文の割で使用が命ぜられ、とくに1668年以降大量に鋳出されたことによって、銭貨が流通した。
 
で、そんなながい江戸時代の貨幣価値なんですが、1両が平均6.6万円といわれております。江戸初期は10万円、江戸後期は5万円と価値が半値になってるんですね。
 
で、銭は4千文で1両だったようです。
 
1文は16.5円程度だったのですね。
 
平次は4文銭を投げていたので、1回につき約70円の硬貨を投げていたんですね。
 
今でいうと、警察官が、犯人捕まえるのの50円玉投げて確保する感じ。そう考えると笑えますね。
 
落語の時そばでは、1杯が16文って言われてたみたいだから結構価値はないのかなとも考えられます。

便利な決済手段「PayPal (ペイパル)」ってどういう用途で使えるの?

仮想通貨

f:id:a142899:20170303075419j:image

PayPalの概要

PayPal(ペイパル)というサービスをご存知でしょうか。海外ではすごくメジャーなもので、個人輸入や輸出なんかしている人はアカウントを作ってる人もいるかと思います。

で、PayPalとはなんなのか?簡単にいうとインターネットを利用した決済サービスです。

 

まずは、自分のPayPalのアカウントを作ります。このPayPalアカウントはメールアドレスで紐づけを行っています。そしてお金のやり取りはこのPayPalアカウントに紐づけられたメールアドレスで管理することができます。

たとえば、アさんとイさんがいて、それぞれがPayPalのアカウントを持っているとします。

アさん:アアア@sonet.co.jp
イさん:イイイ@gmail.com

このとき、アさんがイさんにお金を支払いたいというとき、アさんはイさんのメールアドレスがわかればPayPalを通じて支払いをすることができます。

 

PayPalの特徴

1.口座同士のお金のやりとりができる。

PayPalでは、口座同士でお金のやりとりができます。口座にお金がなくても、PayPalにクレジットカードを登録すればそこから送金することもできます。

PayPalのアカウント同士でお金を他の人に送金したりすることができます。

いちいちクレジットカードの入力をしなくていいので非常に便利です。また、購入履歴などもすべてPayPal上で見れるため便利です。

2.相手にカード情報が渡らない。

支払う側とお店側もPayPalのアカウントさえ持っていれば、個人情報のやりとりは必要ありません。

PayPalでは、お金を支払う時に必要なのはメールアドレスだけです。つまり送金相手には自分のクレジットカード情報は渡らないのです。

相手の顔が見えないインターネット上の取引では非常に安心ですよね。

 

で、具体的にどう利点があるのかな?

利用者側の利点

お買い物をする個人からしてみれば、いちいち店によって個人情報を入力しなくていい個人情報の扱いなど、セキュリティが安全購入履歴などを一括で管理できるなどがあげられます。ネット上での買い物における不安感とか手間を減らしてくれますね。

お店側の利点

誰でも世界中のメジャーなクレジットカードからの支払いを受け付けられる

個人情報の管理を考える手間が減る
入力の手間が減ることによって購入者が増える
などのメリットがあります。

 

どのようにお金のやり取りをするのかな?

代表的な方法はクレジットカードを使う方法です。

PayPalに登録をすると、残高がない場合でもJCB、VISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClubなどの主要なカードブランドに対応しており、クレジットカードを使ってPayPal決済をすることができます。

PayPalに入金があると残高に反映されます。PayPal残高は銀行に出金することも可能ですし、残高を使って買い物をすることも可能です。

 

海外で有名ってどれくらい使われているのか?

世界の190の国で使えます。また、24種類の通貨が使え、約2億のアカウントが登録されているのです。

 

誰が運営してるの?

PayPalはアメリカの会社です。

1998年12月にPayPal Inc.の社名で設立。2002年にeBayに買収されその子会社となっていたが、2015年7月にPayPal Holdings Inc.の社名で独立しました。

f:id:a142899:20170303075433j:image

 

 

電子マネーの普及が5兆円越え?伸びる電子マネーにかける期待は?

電子マネーの利用が伸びている。日銀の2016年1~12月の電子マネー利用累計の決済金額がは5兆円を超えたとのこと。07年から調査されている電子マネーの決済金額は主要国のなかでもとしゅつしている。

■なぜ日本は電子マネー利用が大きいのか?

引き金となっているのが、「Suica」や「PASMO」などの鉄道会社が発行する電子マネーの存在だ。都市圏の電車通勤・通学する人を中心にカードの利用が広がっている。また、最近はスマートフォンに専用アプリを組み込み、買い物に利用する人も増えた。昨年10月に米アップルが日本でiPhoneを使った決済サービス「アップルペイ」を始めたことも利用を後押しする要因となっている。

■鉄道会社以外になにがあるの?

 イオンやセブン&アイ・ホールディングスなど大手流通系の電子マネーでは、買い物などに使えるポイントを付加して顧客の利用を促しているものも多く主婦層などを中心に利用が増えている。店側としても、電子マネーの利用拡大を通じて顧客動向を把握しやすくし、これをビッグデータ分析などに生かす狙いもある。

電子マネーの現状は?

電子マネーは徐々に普及しつつあるものの、日本では海外と比べて支払いにカード決済よりも匿名性の高い現金を好んで使う傾向が強い。ただ電子マネー市場の拡大に伴い、一円玉や五円玉などの小額硬貨の流通は減少が続いている。小額決済でキャッシュレス化は間違いなく進んでいる。

電子マネーに未来はあるの?

小額決済のキャッシュレスに伴い、いろいろな可能性があるだろう。

まずは、10円や500円などの硬貨が次のキャッシュレスのターゲットになると思われる。

硬貨の持ち運びは確かに、代替できる電子マネーがあると不便である。硬貨がいつか消えてなくなることは大いにありうると思われる。

ただし、上記のキャッシュレスに伴い、電子マネーが普及するかというとそれも懐疑的である。電子マネーとはあくまでも一企業が主体者であるからです。

やはり、総括すると硬貨のキャッシュレスに伴い普及するのはビットコインか?

これからが楽しみである。

 

ビットコインをはじめたいけど不安な人に必見。身銭使わず種銭つくってはじめれます。

f:id:a142899:20170223125603j:image

ビットコインについて調べたことをブログにまとめて1年が経ちました。飽き性の私がよく続いてるなぁと思います。

なぜ、続いているのか?フッと考えると、周りにいる人のおかげなんだと思います。ビットコインについて、調べたことを、周りの友人に紹介するとみんな話を聞いてくれるのです。そして、いろいろ質問をしてくれるのです。質問に対して、うまく説明ができないと、更に調べて説明します。そんなことを繰り返していたらアッとゆう間に1年が過ぎました。

自分で考え、調べたことは血となり肉となりました。おかげで、ビットコインについて概要や取り組み方を紹介できるようになりました。

しかし、私はビットコインを購入し、増やすための活動ができているのですが、いろいろ質問をしてくれた友人たちはビットコインに理解は示しているのですが、ビットコインを購入まで購入するまでに至っていません。論より証拠、ビットコインを保持してみて、その便利を感じてほしいと願い、これまで周りの人たちへ紹介してきたのですが、理解ができても納得できないのでしょう。

ここでは、そんな二の足を踏んでる、興味があるけど、一生懸命働いたお金を使いたくない人に向けて、無償でビットコインをゲットできる方法を案内します。

 

ポイントサイトのポイントをビットコインに変えよう。

f:id:a142899:20170223125627j:image

ポイントサイトって何かご存知でしょうか?例えば、あるクレジットカードを作るにあたって、同サイト経由で作成すると、ポイントが付与されるのです。たとえのお話でクレジットカードをあげましたが、そのほかに保険やレンタカー、など従来無料で登録できるものに対してポイントが付与されます。よく、入会するとクオカードプレゼントとかキャッシュバックキャンペーンなど街頭でやっていますが、それのポータルサイトですね。

最近は無料登録以外に、スマートフォンのアプリをダウンロードして利用しても、あるECサイトでの購買をこのサイト経由でやると何%かのポイントが与えられたりしています。そんなポイントサイトで得たポイントがビットコインに変えられたら、元手がかからずにビットコインが持てるので良いと思いませんか。

私の意見としては、この方法が一番楽に、それもある程度の種銭が用意できて、ビットコインを持ってから、スパイラルさせながらビットコイン資産を増やせる方法だと思います。

 

まずはモッピーというサイトでポイントためを初めてみてはいかがでしょうか。↓

 

crypto-currency.hatenablog.com

 

 

どんな手順で増やしていくの?

大まかな流れは以下です。

1.ポイントサイトでポイントを稼ぐ

2.上のポイントサイトで獲得したポイントをビットコインに交換する。

3.交換したビットコインビットコインFX(証拠金取引)で投資して増やす。

4.自分なりの目標金額に達したら、ビットコインで買い物してもいいし。また円に返金して資産を分散管理する。

 

上の手順を踏むにあたって意識すること

f:id:a142899:20170223125658j:image

1.たとえば、いまポイントサイトで10万ポイントあるとします。これをすべて、ビットコインに交換すると、そのビットコインが交換以降も値上がりし続けば良いのですが、値下がりしたとき損をします。

もっとも最大値の投資対効果を得るチャンスですが、逆もしかりでオススメしません。

数回にわけて投資することをオススメします。そうすることで平均コストを見ながら、値がさがれば買い増しし薄くとも利益を積み重ねていくことができます。

 

2.普段の必要消耗品を同ポイントサイト経由で購入することで、毎月のポイント貯蓄数がわかってきます。

それを毎月ビットコインにつぎ込んで運用するとかなりの金額になりますね。

 

3.これ重要です。目先の利益に目が眩まないようにすることが重要です。少し儲かると、ポイントと別に貯金や、最悪生活費をつぎ込んで更に大きな益を手に入れようとなりがちです。

これが一番まずいです。心持ちとしては、まず無理ない目標金額の設定、月一回のポイント残高の確認と運用と増やそうではなく継続するために気づいたらの運用環境作りが大事です。

 

投資で大事なことは継続です。

 

 

ポイントサイト「ポイントタウン」をよく知りいっぱいポイントを稼ごう

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンの特徴

ポイントタウンとは、20ポイント=1円のポイントを色々な方法で貯めて、2000ポイント(100円相当)から現金や電子マネーに交換できるお小遣いサイトです。大手企業GMOが運営するサイトとして知られ、近年のサービス改善で注目されています。ポイントタウンの登録や利用は無料です。

 

どうやってポイントが手に入るの?:how
どのくらいの案件があるの?:howmany
どのくらいのポイントが稼げるの?:howmuch


そもそもポイントタウンのポイントってなに?:what
ポイントタウンポイントは20ポイントで1円です。

 

誰が運営していて、誰でも利用できるの?:who

2000年10月に設立された「GMOメディア株式会社」(東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー9階)がこのサービスを運営しています。
2016年12月にはマザーズ市場に上場してます。
このサービスを利用するには、入力フォームに必要事項を入力する必要があります。入力後に、入力したメールアドレスに登録完了メールが届きます。
メールに記載されているURLにアクセスする登録完了となります。ただし、16歳以上であることが条件になっています。

 

いつまでポイントは有効なの?:when

ポイントタウンで取得されたポイントの有効期限は、会員が最後にポイントを取得した日より12ヶ月です。

 

どこでポイントを交換できるの?:where

大きく交換先を分類すると、銀行への現金交換、電子マネー、ギフト券、ビットコインマイレージ、他ポイントサイト、商品など交換が可能です。
他のサイトに比べ多くの交換先が用意されています。
以下では、ちりつもでポイントをかき集めている小職のオススメ交換先を紹介します。

1.楽天銀行(ネット銀行)
最低交換ポイント:2000
交換手数料:0
交換日数:2営業日以内

2.PeX(ポイント集約サービス)
最低交換ポイント:10000
交換手数料:0
交換日数:2営業日以内

3.ビットフライヤー(ビットコイン取引所)
最低交換ポイント:10000
交換手数料:0
交換日数:2営業日以内


なぜこのポイントサイトがオススメなのか?:why

 

 おわりに

論より証拠、下記からポイントタウンに登録して、実際に各種のサービスを利用したり、買物をしたりしてまずはポイントをゲットしてみてください。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントサイト「モバトク」をよく知りいっぱいポイントを稼ごう

モバトクの特徴

モバトクは、モッピーと同じく株式会社セレスが運営するお小遣いサイトです。
モバトクはスマホ・携帯に特化したモバイル専用のお小遣いサイトでした。2015年2月に大幅なリニューアルを行いパソコンでの運営も開始しました。元々がモバイル専用ということもあり、アプリダウンロードの案件が非常に多く、無料会員登録等のポイント還元率が高く高単価となっています。

 

どうやってポイントが手に入るの?:how
どのくらいの案件があるの?:howmany
どのくらいのポイントが稼げるの?:howmuch

そもそもモバトクのポイントってなに?:what

10ポイントを1円に換金できます。
インターネットさえあれば利用可能です。iOS やアンドロイドアプリがないため、ウェブからID/PWを入力してログインする必要があります。

 

誰が運営していて、誰でも利用できるの?:who

2005年1月に設立された「株式会社セレス」(東京都港区南青山3丁目11番13号新青山東急ビル4F)がこのサービスを運営しています。
「モバトク」以外にも「モッピー」「お財布.com」と複数のポイントサイトを運営しています。2016年12月には東証一部に上場してます。
このサービスを利用するには、入力フォームに必要事項を入力する必要があります。入力後に、入力したメールアドレスに登録完了メールが届きます。
メールに記載されているURLにアクセスする登録完了となります。ただし、12歳以上であることが条件になっています。

 

いつまでポイントは有効なの?:when

有効期限はございません。ただし、ポイント獲得が181日以上確認できない場合、会員資格の停止・取消、またはポイントが没収されます。


どこでポイントを交換できるの?:where

貯めたポイントは最低1000ポイント(=100円) から交換できます。他のポイントサイトに比べると交換できる場所が少ないように感じられます。
交換にあたり、手数料が各交換先により発生しますし、交換までに要する時間も異なります。
以下では、いくつかあるポイント交換先の中でおすすめを記述します。

1.PeX(ポイント集約サービス)
最低交換ポイント:10000
交換手数料:0
交換日数:5営業日以内


なぜこのポイントサイトがオススメなのか?:why

 

 おわりに

論より証拠、下記からモバトクに登録して、実際に各種のサービスを利用したり、買物をしたりしてまずはポイントをゲットしてみてください。

ポイントサイト「チャンスイット」をよく知りいっぱいポイントを稼ごう

チャンスイットでお得生活

チャンスイットの特徴

2005年からサービスを開始し8年以上の運営履歴を誇る非常に信頼性の高いポイントサイトです。ポイント獲得手段の圧倒的な豊富さと稼ぎやすさ、広告利用時の高いポイント還元率が大きな特徴です。

無料ゲームで遊んだり、バナー広告やメール広告をクリックするだけで毎日ポイントを獲得出来ますし、通販ショッピングをする際にもお得にポイントを2重取りできます。

 

どうやってポイントが手に入るの?:how

とにかく、懸賞に関する案件が多数あります。

当選しやすいものや高額な懸賞品があるものなどです。懸賞なので、やったら絶対ではないのですが、テレビ見ながらとか半身浴しながらとか「〜ながら」で、うまくやれば商品が当たるため、かる〜くポイントサイトを利用したい人にオススメです。

どのくらいの案件があるの?:howmany
どのくらいのポイントが稼げるの?:howmuch


そもそもチャンスイットのポイントってなに?:what
10ポイントを1円に換金できます。
インターネットさえあれば利用可能です。iOS やアンドロイドアプリがないため、ウェブからID/PWを入力してログインする必要があります。

 

誰が運営していて、誰でも利用できるの?:who

1997年6月に設立された「インフォニア株式会社」(東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5水天宮北辰ビル3F)がこのサービスを運営しています。
「チャンスイット」以外にも「GetMoney」を運営しています。
このサービスを利用するには、入力フォームに必要事項を入力する必要があります。入力後に、入力したメールアドレスに登録完了メールが届きます。
メールに記載されているURLにアクセスする登録完了となります。ただし、20歳以上であることが条件になっています。

 

いつまでポイントは有効なの?:when

取得してから1年間使用されなかったポイントは、2月末と8月末に消滅します。

 

どこでポイントを交換できるの?:where

大きく交換先を分類すると、現金、電子マネー・ギフト券、その他と交換できます。
現金は、ポイント交換が初回の場合、手数料が無料となります。
交換にあたり、手数料が各交換先により発生しますし、交換までに要する時間も異なります。
以下では、ちりつもでポイントをかき集めている小職のオススメ交換先を紹介します。

1.楽天銀行(ネット銀行)
最低交換ポイント:5000(=500円)
交換手数料:500(初回無料)
交換日数:4営業日以内

2.PeX(ポイント集約サービス)
最低交換ポイント:5000
交換手数料:0
交換日数:7営業日以内


なぜこのポイントサイトがオススメなのか?:why

 

 

 おわりに

論より証拠、下記からチャンスイットに登録して、実際に各種のサービスを利用したり、買物をしたりしてまずはポイントをゲットしてみてください。

チャンスイットでお得生活