読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジタルマネーの王国

すでにあたりまえに利用している電子マネーと胡散臭いとおもわれがちな仮想通貨(=暗号通貨)について、入手方法から、利用方法までわかりやすく紹介するブログです。

ビットコインなら短期間で資産が増やせる?ビットコインFXにチャレンジする理由

デジタルマネーをためる

f:id:a142899:20170214110914j:image

 ビットコインを増やす方法は、現金を増やすようにさまざまな方法があります。ポイントサイトからポイントをビットコインに変えたり、現金をビットコインに両替したり、ゲームで得たポイントがビットコインであったりと多岐にわたります。

そんな中、ここで紹介するのは、「ビットコインFX」を案内します。

FXってなんだろう?

f:id:a142899:20170214110924j:image

まず、FXとは「Foreign Exchange」から作られた日本でつくられた造語です。外国通貨を売買することで為替差益より利益をあげるのです。その取引を「外国為替証拠金取引」と呼びます。FXの取引の例を上げると、「日本円からユーロドルへ両替して、その後しばらくして、両替したユーロドルを日本円へと変える」と言う具合に各国の通貨を両替していくような取引になります。そして両替していく事で価値が上がったタイミングで売却して利益を出そうというものになります。そして、その通貨の価値は上がるか下がるかと言う2通りしか有りません。

 つまり、「これから上がりそうだ」と思う通貨へと両替し、その通貨の価値が実際に上がれば利益が出ると言う訳ですが、この通貨の価値が上がるか下がるかの2通りしか無い事を材料に「丁半博打」だとおっしゃる方もいます。

FXってどうやって儲けるかわかったけどなぜ儲かるの?

f:id:a142899:20170214110945j:image

これまで記載した差益によって利益を出す事ができましたが、この差益の原資は何処から出てるのでしょうか?実は、この利益の資金を出したのは、FXで取引を行っている人なんです。

1枚の通貨を複数人で取り合い、FXの世界を現している「お金」を世界中のみんなで取り合っている状態なんです。つまりは、自分の方へと上手く引っ張り込む事ができれば利益になりますし、反対にお金を引っ張り込まれてしまえば損になってしまいます。

FXで短期収益をあげるならボラティリティの変動が大きいのが市場がオススメ

f:id:a142899:20170214111010j:image

ボラティリティとは、価格の変動率のことです。値動きの幅と言っても 良いかもしれません。FXに限らず相場は、安く買って高く売るのが利益を出す 基本です。FXで利益を出すには「為替差益」 を狙うか、金利差を利用したスワップポイント(利息)を得る必要があります。
「為替差益」は、通貨の価格が変動することが前提となっています。 通貨の価格は需給関係で決まり、変動します。このような相場のことを「変動相場制」といいます。なぜ、ボラティリティが重要になるかと言えば、為替差益を狙うのであれば、 価格の変動率がある程度必要だからです。

変動幅が大きなビットコインは最適な環境

ビットコインボラティリティは、投機や投資対象としてみた場合、他の主要な金融商品と比較すると非常に高く、業界も加速度的に成長していることから非常に魅力的な環境だと言えるでしょう。ただ、本来の目的である通貨の安定性という観点から見ると、現状まったく適していないと言わざるをえません。

また、土日でも取引できるという点も唯一無二の特徴であり、短期取引したい人にとって大きな利点といえるでしょう。ちなみに祝祭日も関係なく動いています。世の中にある金融商品でも平日のほぼ24時間トレードできるようにもなってきてますが、土日や祝祭日まで取引できる金融商品は他にありません。